心がほっと癒される誌上カウンセリングへようこそ

心がほっと癒される誌上カウンセリングへようこそ

おなかの赤ちゃんが可愛いと思えない

登場人物は「おなかの赤ちゃんを可愛いと思えない」という妊婦A 子さんと、その悩みに答える精神科医の北村俊則先生です。じつは、A 子さんの悩みは決して特別なものではないのです。先生の問いかけに答えるうちに、A 子さんは過去の出来事からあることに気が付きます。気持ちがふっと軽くなり「大丈夫かもしれない」と思えるまでの、微妙な心の変化を一緒に見ていきましょう。

A子さん(以下A): こんな私は母親失格なのではと思ってしまうんです…。

北村俊則先生(以下北村):実感が湧いてこないご自分を、失格と…焦りも感じられるのでしょう?

A:はい、あんなに努力して不妊治療をしたのに、いざ妊娠が分かって、ピンとこないことってあるんでしょうか?

北村:不妊治療はどのくらい続けられたのですか?

A:30歳で結婚して、1年たってからです。4年近く治療しました。

北村:ご結婚なさって1年目からの治療は早くないですか?

A:広告の会社に勤務して、本当は頑張って仕事一本でいくつもりでした。

北村:でも、素敵な男性と巡り合って、ですね。

A:そうでもないんです。

北村:そうでもない、と言うのは?

A:入社した時に彼は3年先輩でした。

北村:素敵な方だったのでしょう?

A:全然! ぼーっとして、気も利かない、パッと目立つところもない男性でした。

北村:それではお付き合いのきっかけはどのようなことですか?

A:入社3年目に大きなプロジェクトがあり、私が呼ばれました。彼は、副責任者でした。

北村:それで?

A:お客様の会社との間で行き違いがあり、私の会社の信用問題に関わるような事件がありました。そうしたら、彼が根気よくお客様
サイドの担当者に、まずお詫び、それからこちらの事情の説明、そして善意のある対応策…最初は「契約破棄!」と怒鳴っていた相手も、次第にこちらを信用してくれるように…。

北村:そして個人的お付き合いは、どちらからでしたか?

A:女性の友達と室内楽の演奏会に行く予定だったのですが、彼女が風邪を引いて、チケットが1枚余ってしまったので、私から彼を誘ってみました。

北村:あなたから誘われたのですね?

A:びっくりしたのは彼の音楽の知識です。ブラームスの弦楽四重奏の演奏会でした。コンサートの後にお茶を飲んで…そこで彼がメ
ンデルスゾーンやシューマンについても、よく知っていることに驚きました。そこでずいぶんとイメージが変わりました。

北村:デートの頻度はどのくらいだったのですか?

A:でも最初は月に1回会うくらいで…。

北村:恋愛感情はいつごろからですか?

A:だんだんと…パッと目立つところもないけれど、本当に信頼できる男性だと思うようになってきて…いつから恋愛感情が出てきた
のかも分からないのが本当です。

北村:ご結婚なさって1年目からの治療は早いのではと思いましたが、きっかけは何かございましたか?

A:ある日、駅ビルの書店で彼が雑誌の立ち読みをしているところを偶然、目撃したのです。

北村:どのような雑誌でしたか?

A:妊婦向けの雑誌があるじゃないですか。

北村:当然、女性が読む雑誌ですよね。

A:それを彼が読んでいたのです。

北村:彼に話しかけましたか?

A:いいえ、そうしたら悪いように感じました。

北村:どうしてですか?

A:彼の横顔から彼の眼差しがうかがえました。それが、いつもないような優しい眼差しだったのです。

北村:そうだったんですね! よく分かりました。

A:彼のために赤ちゃんが欲しい、家族が欲しい、と急に感じたのです。

北村:ご自身のためというより、愛するご 主人様のためにですね。

A:まあ…。

北村:妊娠が分かって彼に伝えた時の彼の反応はいかがでしたか?

A:「良かった」とたった一言で…

北村:案の定ですね。

A:(笑いながら)案の定だったのです。

北村:でも彼の表情はいかがでしたか?

A:なんというか…

北村:喜びの爆発ではないけれど…

A:これまでにない穏やかな表情でした。

北村: ところで、おなかの中の赤ちゃんとは?

A:彼との赤ちゃんですから…

北村:あなたと彼の赤ちゃんですから…

A:良さが分かるのに少し時間がかかるのでしょうね。

北村:最初はパッと目立つところもなくても、だんだんと良さが分かってくると思いますよ。

A:そうですね…今日、お話しして何か気持ちが明るくなってきました。

北村: 良かったです。無事のご出産をお祈りします。

A:ありがとうございます。

その人の良さ、そこにある愛に気が付くのに時間がかかるように、我が子への愛情も、徐々に育まれていくもの。
人間関係を築くのに時間がかかるように、我が子との関係も、少しずつ築いていくもの。
そこに気付くだけで、気持ちはふっと軽くなるはず

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL