夏の冷え&貧血から体を守ろう!1

sum_p9_image

Q1 夏でも冷え性になりますか?

A 冷房や薄着、夏バテで夏に冷え性になることも


冷え性は寒い時期だけつらいと思われがちですが、暑い夏でも冷え性に悩まされる女性は少なくなりません。冷房や薄着いよって冷え過ぎたり、暑いからといって冷たい飲み物をとり過ぎたりと、現代は夏でも体が冷えやすいのからです。
さらに、気温が高い外と、冷房がきいた室内の温度差の激しいところを行き来することや、ストレス、睡眠不足などは、自律神経のバランスの乱れを招き、冷え性になりやすくなるともいわれています。
また、夏バテで食欲がおちると、エネルギーや血液のもととなる栄養素が不足して、冷え性や貧血になりやすくなります。妊娠中や産後、あるいは、子宮筋腫などがあって月経の量が多い人は、ただでさえ貧血になりやすいので、夏は特に栄養不足にならないように注意しましょう。
一方、季節に関係なく、男性より女性の方が冷え性になりやすいとされますが、これは一般的に女性のほうが熱を作り出す筋肉が少ないことが一因とされています。夏は薄着で素足にサンダルを履くなど、女性のほうが肌の露出の多い服装をする人が多いことも関係しているかもしれません。

ane2018sum_woq1

Anetis(アネティス) 2018夏号 教えて!ドクター妊娠なんでも相談室より

※こちらは2018年5月時点の情報/記事になります


■ 回答者■

【山形大学医学部付属病院 産科婦人科助教 山谷 日鶴(やまたに ひづる)さん】

山形大学医学部卒業、2013年同大大学院修了、医学博士。日本産科産婦人科学会専門医・指導医、日本女性医学学会認定女性ヘルスケア専門医。主に思春期や、更年期、高齢期の女性の不調を診療するナイスミディー外来を担当している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL