知っておきたい!妊娠後期のマイナートラブル2

happy pregnant woman sleeping on sofa at home

Q2 どんな不調があらわれますか?

A 血圧の上昇には要注意。破水?と思ったら受診を


胃が圧迫されると「むかつき」や「食欲不振」が、心臓や肺が圧迫されると「動悸・息切れ」が起こります。血流量が通常の1.3〜1.5倍に増えていることも、動悸・息切れの一因です。食欲がわかないときは、一度に食べる量を減らし、回数を増やして必要な栄養を取るようにしてください。動悸・息切れを感じたときは、無理をせず体を休めましょう。高齢出産の妊婦さんは血圧も上がりやすいため注意が必要です。
腸が圧迫されたり、肛門周辺の血流が悪くなったりすると「便秘」や「痔」になりやすく、切れ痔(裂肛)やイボ痔(痔核)でつらい思いをしている妊婦さんは多いようです。痔があると便秘も悪化しますから、気軽に産婦人科で相談してください。
膀胱が圧迫されて起こる「頻尿」「尿もれ」も、多くの妊婦さんが経験しています。トイレが近くて不眠になったり、くしゃみをしたり笑ったりするだけで、もれることも珍しくありません。この時期の尿もれは自然のことなので心配いりませんが、お産の兆候である破水(赤ちゃんを包む卵膜が破れて羊水がもれ出てくること)と区別がつきにくい場合があります。「破水かも・・・」と思ったときは産院に連絡して受診が必要かどうか確認してください。

Anetis(アネティス) 2018春号 教えて!ドクター妊娠なんでも相談室より

※こちらは2018年3月時点の情報/記事になります


■ 回答者■


【なないろレディースクリニック院長 黒田 勇二(くろだ ゆうじ)さん】

愛媛大学医学部卒業。同医局部産婦人科助手、愛媛県八幡浜市八幡浜総合病院、国際医療福祉大学講師、山王病院(東京都港区)リプロダクションセンター勤務等を経て2007年「なないろレデースクリニック」(茨城県つくば市)を開院し院長に。希望あふれる未来への懸け橋(虹)となるよう「なないろ」と名付けた。日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、新生児蘇生法認定インストラクター。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL